足つぼ かかと 内側 痛み 解消法

かかとの内側の痛みの解消法について 足つぼ刺激も効果的?

スポンサーリンク

かかとの内側部分に痛みが生じている場合には、様々な原因が考えられます。
整形外科領域の病気として考えられるのが、足裏の筋肉に負荷がかかって生じる足底筋膜炎です。
この病気ではかかと付近に痛みが生じることが多く、症状に応じて広い範囲に痛みが広がります。
スポーツを習慣的に行なう方の場合には、こういった病気も考えられる原因の一つです。
一方、内臓などの不調の現れとして症状が生じている場合もあります。
足裏には様々な部位のつぼが集まっているとされており、他の部位の不調が痛みとして認識されることがあるのが厄介な点です。
かかとの内側は、生殖器や腸、尾骨などのつぼが集まっている部分であるため、こういった部位の病気が関わっている可能性も否定できないと言えます。

スポンサーリンク

かかとの痛みがある場合、解消法の一つとなるのが足つぼへの刺激です。
こういったアプローチは、内臓など他部位の不調の場合には特に有効となります。
足つぼの紹介図などを参考に、痛い部分がどの部位の反射区であるかを確認するのがポイントです。
軽く指圧することで不調を間接的に改善出来るため、原因が明確に把握出来ない場合にも期待出来る解消法の一つとなります。
かかとは様々な刺激を受けやすい部分です。
特に女性は靴の形によってあらゆるダメージが考えられます。
乾燥やひび割れといった皮膚症状も生じやすく、季節を問わずケアが必要となるのが特徴です。
合わない靴が原因となって症状が現れていることもあるため、状態を慎重に観察することが求められます。

スポンサーリンク