かかと タコ 治療

かかとにできたタコの治療について

スポンサーリンク

一度はかかとの痛みに悩まされた事があるという人も多いと思いますが、中でも厄介なのがタコですよね。
繰り返される刺激や摩擦に対して足の皮膚がそれを守ろうとして角質が固くなる症状として知られています。
主に2種類に分けられており、下から突き上げるように負荷をかけられてできたタコは、縁がハッキリとしていて分厚くなっています。
左右前後に擦れる事によって刺激を受けてできたタコは、縁が不明瞭で薄く広いものになります。
タコができるのは、足が無理や我慢をしているという合図である為、なるべく負担をかけずに休ませる事も大切です。
患部を保護する方法や治し方は様々ですが、今回はかかとに出来てしまった時の、治療方法についてまとめていきます。

スポンサーリンク

まず、どのようにして治療すればよいのか、どのような状態になったら治療すればよいかが分からないという人もいると思います。
痛みが無いからといって、放置してしまうとひび割れて出血して痛みを伴ってしまう場合があります。
そうなる前にしっかりと治し、健康な状態にしましょう。
では、その治療方法ですが、主に肌の新陳代謝を利用する方法とやすりなどで角質を削る方法があります。
新陳代謝を利用して自然に守るには冷えを防ぎ、血行を良くして乾燥から守る事が大切です。
新陳代謝がスムーズに行われれば古い角質が落ちて皮膚が正常になります。
完治までに時間はかかりますが、肌を傷つけにくいというメリットがあります。
角質を削る方法に関しては、やすりをかける前にお風呂などでかかとの角質を柔らかくしましょう。
そして、足を拭いてから傷つけないようにやすりをかけましょう。
やすりをかけた後は保湿も忘れずに行いましょう。
タコを防ぐ為にはサイズに合った靴を選ぶ事なども大切であり、なってしまったら放置せずに治療する事を忘れずに行って下さい。
痛みに悩む事なく、健康なかかとでいれるようにしましょう。

スポンサーリンク