立ち仕事 かかと 痛い 対策

立ち仕事でかかとが痛いなどと感じる人の対策

スポンサーリンク

30代までは支障のない体のあちこちの部位の悲鳴が始まります。
特に立ち仕事をしている人に症状が出ることが多いのが「脚部のむくみ」と「かかとの痛み」です。
むくみも痛みも血行に関係しています。
しかし、どちらもそう深刻にならなくても治ります。
心配なら整形外科へ行くこともおすすめしますが、加齢や運動不足にも関係しています。
立ち仕事は意外と脚部や足裏の筋肉に負荷がかかっていて、元来弱ってきていることに原因があるようです。
意識しない日常生活では適度な運動、足に特化した動きが減ってきているせいです。
脚部のむくみも同様で、血流の循環が悪くなっていたり、リンパ液が戻らない状態だったりするので、入浴も効果があります。

スポンサーリンク

かかとが痛いときの対策としては、足裏、土踏まずのマッサージも効果的ですが、もう一つの対策として昔ながらの「たけふみ」も意外と効力を発揮します。
直径8センチ程度の竹を半割にしたものを毎日寝る前に20回程度踏むだけです。
かなり即効性があります。
体重が足裏の一部の場所に集中するので、はじめは痛いですが毎日行うと痛みは慣れてきます。
次第に血行が良くなると、痛気持ちいいと感じるようになってきます。
このように足裏筋肉を刺激して血行をよくするとかかとの痛みは解消します。
人間の体というものは患部そのものだけでなく、筋肉や筋はつながっているため、隣り合わせの部位や周辺が原因ということもあり複雑に関係しているものです。

スポンサーリンク