成長痛 かかと 病院

成長痛でかかとが痛い場合、病院へいくべきでしょうか

スポンサーリンク

成長期にある子供に突然現れる足や膝、かかとなどの激しい痛みを成長痛といいます。
成長痛の原因はあまりはっきりしていません。
この痛みは夕方から夜に現れるため 昼間に遊んだ後の脱力感や疲労感が影響しているといわれています。
そのため対処法としては効した痛みが現れた場合には足に負担のかかる運動を控えたり、痛いところを温めたりする方法がとられます。
またストレスなどが原因になる場合もあるため、環境が変化したときなどは、精神的な不安を取り除くことも大切です。
しかし、運動することを控えたり、温めたりしてもかかとの痛みが治らない、ストレスなどの原因もないという場合は、病院を受診したほうがよいでしょう。
なぜなら骨端病というような病気である可能性があるからです。

スポンサーリンク

この病気は小学生でスポーツをしている子供に多く見られます。
スポーツをしているときに足をひねったり、足を強く打ちつけたなどの原因がないにもかかわらず、運動中に突然かかとが痛くなるという場合にこの病気であることが多いようです。
病院では足のレントゲンを撮影が行われ、骨端症と診断されます。
この病気の治療は痛みがひどい場合は鎮痛剤を処方されますが、基本的には体育やクラブ活動などの運動を控えることで痛みは和らぎます。
骨端病のかかとの痛みは最初は我慢できても だんだんひどくなり、運動できなくなります。
そうなると治療にも時間がかかりますので、子供が足の痛みを訴えた場合、早めに病院にかかって治療することが大切です。

スポンサーリンク