ローファー 靴擦れ かかと 対処

ローファーでかかとの靴擦れをしない対処法

スポンサーリンク

しっかりと足のサイズに合わせて買った新品の靴を楽しみにして履いていたら、かかとが靴擦れで痛くなってしまうということもよくあります。
特に革でできたローファーなどは全体的に固いですから、足になじむまで靴擦れを起こしやすいです。
また、ローファーは脱いだり履いたりしやすい反面、靴と足との間にすき間ができやすいですから、歩く度に摩擦が起きてしまうことが原因です。
脱いだり履いたりするのが面倒でも、同じ革でも紐靴の方が足にフィットしてくれます。
しかし、学校や職場などでローファーが指定されている場合もありますから、自分で好きなものを選ぶというわけにもいきません。
そんな時の対処法としては、靴擦れしやすいかかとなどに絆創膏などを貼ったり、クリームやワセリンなどで滑りを良くするのがおすすめです。

スポンサーリンク

また、ローファーがパカパカして緩すぎると靴擦れしやすくなりますから、そんな時の対処法はすき間を埋めてしまうことです。
インナーなどを活用してすき間ができないようにして、足との密着度を高めましょう。
かかとなどに絆創膏を貼るのではなく、靴の方に貼ってしまうのもおすすめです。
かかと専用のクッション性の高い部分的に使える、かかとパッドなどがありますから、それを活用しましょう。
足に絆創膏だと目立ってしまいますが、靴に貼るタイプだと見た目に影響しないというメリットがあります。
また、革そのものを柔らかくする方法として、革スプレーやシューズストレッチャーなどもありますから、新品の靴を履く前にこれらで靴擦れしやすい部分をあらかじめ伸ばしておくのも良いでしょう。

スポンサーリンク