かかと 水虫 見分け方

かかとの水虫の見分け方

スポンサーリンク

かかとがかさかさしてしまうのと水虫の症状は似ているため、ただ乾燥しているだけなのか、水虫なのかというのが正しく判断できない場合があります。
しかし水虫は放置してしまうと他の部分にも感染してしまうことがあるため、できるだけ早く見分けることが大事です。
見分け方としては、まず夏場でもかさかさしてしまうかというのが一番簡単な方法です。
また足の指やつめなどが水虫になっている場合もそこから感染してしまっているということが考えられます。
かかとを保湿しているのにも関わらず、症状が治まらない場合にはできるだけ早く対処する必要があります。
素人では見分け方が難しい部分もありますが、発症している場合にはいつもと違う兆候が現れることがあるため、普段から意識しているだけでも見分けられることがあります。

スポンサーリンク

かかとがひび割れてしまっている場合も乾燥しているだけの場合と感染してしまっている場合があります。
痒みなどの症状が出にくいため、気づかない場合が多いです。
しかし放置していると痒みを伴ってくる場合があります。
そういう場合にはできるだけはやく薬を塗ることや、病院へ行くことが大事です。
長い間放置していると他の部分にも感染してしまう場合や、症状が重くなってしまう場合があるため注意が必要です。
しかし素人では判断が難しく、初期の状態で発見することが困難になることがありますので、少しでも違和感がある場合にはできるだけ早く病院へ行くことが大事です。
詳しい検査をした上で正しく判断してもらうことができ、適切に対処することができます。

スポンサーリンク