かかと 角質 皮膚科

ひどいかかとの角質の乱れは皮膚科に行こう

スポンサーリンク

女性は夏も冬もかかとの角質ケアが求められます。
夏はサンダルやミュールで素足になりますから、つるつる状態を維持したいですし、冬場は乾燥しやすくがさがさになってしまって、ストッキングが伝線することもあります。
皮脂腺がなく普段から圧力がかかっていますから、体の防衛本能が働いてしまって、角質を厚くしてしまいます。
また、乾燥しやすく潤いを維持できませんから、冬場は特に悪化しやすいです。
そのため、粉を吹いたようになったりこともあります。
乾燥がひどくなるとぱっくりとひび割れして痛みも強くなりますから、ここまでひどくなってしまったら、皮膚科できちんと診てもらうようにしましょう。
治りが早くなる塗り薬などを処方してくれますから、痛みを緩和するのにも有効です。

スポンサーリンク

つるつるかかとになるためには、日ごろのケアが重要です。
厚くなった角質を優しく削ってあげて、保湿剤などを使って乾燥させないようにするのがポイントです。
また、たっぷりとクリームなどを塗ってソックスを履いて寝ると、乾燥対策になります。
削る時には肌に影響を与えないような目の細かいやすりなどが向いています。
また、市販の削らないフットケアグッズなどもありますから、上手く取り入れていくと効果的です。
くれぐれも角質ケアをする時には、お風呂ではなくお風呂上りにやりましょう。
お風呂だと水分を含んでいて角質がふやけていますから、必要以上に削ってしまうこともあります。
セルフケアではなかなか改善せず、確実に短期間でがさがさかかとを治したいなら、皮膚科へ行くのが一番です。

スポンサーリンク

ひどいかかとの角質の乱れは皮膚科に行こう関連ページ

かかとの角質ケアに重曹が効果的
かかとにできたタコの治療について