かかと 痛い 何科

かかとが痛い時には何科に行けばよいのかについて

スポンサーリンク

皆さんも、かかとが痛くなった事があるという経験が一度はあるかと思います。
朝起きた時や立ち上がる時、かかとが痛い、でもしばらくすると何も痛みが無かったりなんて事もよくある話ですよね。
しかし、痛みが無くなったからと安心して放置してはいけません。
主に足の筋肉が弱っている時や足に疲労が溜まっている時、足に衝撃を与えてしまったなどは痛みが出やすいのです。
悪化を防ぐ為にも無理をせず、医者に行って診てもらう事も大切です。
しかし、かかとが痛む時って病院の何科を受診すればよいのかよく分からないという人も多いのではないでしょうか。
そんな人向けに、かかとが痛む場合の対処法と何科を受診すべきかをまとめていこうとおもいます。

スポンサーリンク

まず、痛いと感じたら整形外科、または接骨院へ行きましょう。
整形外科では、レントゲンを撮って、骨に異常がなければMRIを行ってくれる病院もあります。
接骨院では、レントゲンは撮りませんが、痛む場所に特定のテーピングなどをしてくれます。
医者に行って安心しきるのではなく、また、忙しくて医者に行く時間が作れないという人も、自分でも出来る限りかかとを労ってあげましょう。
仕事上どうしても歩かなければいけない人もたくさんいると思いますが、足の疲れは痛みの要因にもなります。
ゆっくりとお風呂に浸かって疲れを癒しましょう。
就寝前のストレッチなどで筋肉を柔らかくするのも効果的です。
そして、痛い時は絶対に無理をしない事です。
時にはいつも頑張る体を休める事も忘ないようにして下さいね。

スポンサーリンク