かかと 骨 出っ張り

かかとの痛みと骨の出っ張りの関連性について

スポンサーリンク

かかとの痛みの中には、後ろ、内側、外側、裏など、様々な部位があります。
もし、今現在かかとに痛みを感じていて、病院を受診しようと考える際、大切なのはまず自分の痛みの症状を正確に把握する事です。
もしあなたの痛みが、起床時、歩き始めの時に痛むのであれば、受診する診療科は整形外科です。
痛みの強さにもよりますが、まずは開業医を受診すると良いと思います。
そして、医師にいつから、どの部分が、どんな風に、どの程度痛むのか、順を追って説明をしてください。
私が起床直後に歩き始める際のかかとの痛みを自覚した時は、整形外科を受診しレントゲン写真を撮ってもらいました。
結果はかかとの骨に出っ張りがあるとのことでした。
専門用語で骨棘があったそうです。
その少し前に靴を変えたため、おそらく慣れない靴を履いたために身体のバランスが崩れ、かかとに負担がかかったことが原因だったと思います。

スポンサーリンク

骨に出っ張りができてしまった場合、進行している場合は外科的手術で切除する方法もあるそうです。
私の場合はそこまで進行していなかったので、足の指の踏ん張る力を鍛え、重心を前傾にし、負担を減らすようアドバイスされました。
具体的な方法としては、フェイスタオルを足の指で引き寄せることです。
これを繰り返すよう指導されました。
これは偏平足のを改善するためのトレーニングにも応用できるそうです。
また、足指じゃんけん、足指綱引き、ビー玉などを足の指でつまむ、などのトレーニングも効果があるそうです。
私は、これらのトレーニングを行い足の指の踏ん張る力を鍛えることで、今では痛みの症状はほとんど感じません。
どんな病気も早期発見し、早期に対処できればちょっとした努力で改善できます。
痛みを我慢していないで、ぜひ専門医にご相談されることをお勧めいたします。

スポンサーリンク