かかと 割れ 原因 対策

かかとひび割れの原因と対策

スポンサーリンク

冬になるとかかとががさがさになったり、ひどくなるとひび割れを起こしてしまいます。
皮脂腺のないかかとは乾燥しやすい部分ですから、特に冬場はしっかりと乾燥対策をしないとどんどん角質がはがれにくくなります。
乾燥がひどくなるとどんどん古い角質が積み重なって厚くなり、そこへ歩いたりなどの圧力がかかることが原因で、ひび割れが起きてしまいます。
また、靴底の厚い靴を履いていたりすると、かかとに圧力がかかってしまいます。
体は負荷を減らそうとして角質を厚くしてしまいますから、乾燥していなくても厚くなった角質が原因でひび割れを起こしやすくなります。
対策としては乾燥させないことと負担をへらすことが重要なポイントです。
お風呂上りに保湿ケアをしたり、靴にインナーを入れてクッション性を高めるなどの方法があります。

スポンサーリンク

ぱっくりと割れたかかとのひび割れを早く治すには、まずは保湿を強化しましょう。
乾燥していると悪化しやすいですから、保湿力の高いクリームを毎日塗り込むのが効果的です。
お風呂上りは角質が柔らかくなっていますから、保湿ケアの効果が出やすいです。
特に尿素入りのクリームは角質を柔らかくする作用がありますから、固くなった角質のケアには効果的です。
また、クリームなどの保湿剤を塗った上からラップをすると、潤いを閉じ込めるケアができて、乾燥対策には有効です。
10分程度でも効果がありますから、実践してみると良いでしょう。
そして、クリームを塗った後は、締め付けの弱い綿の靴下などを履いて寝るのがおすすめです。
がさがさかかとを柔らかくしてくれて、保湿効果が倍増します。

スポンサーリンク

かかとひび割れの原因と対策関連ページ

かかとのがさがさの原因について