かかと がさがさ 原因

かかとのがさがさの原因について

スポンサーリンク

皆さんは、かかとががさがさになった経験があるでしょうか。
乾燥が厳しい季節になってくると、かかとのがさがさに悩む人もいると思います。
中には水虫の可能性があるとも言われています。
ケアもしてるけど、良くならなかったりという話も聞きますが、いったい何が原因でがさがさが起きるかをご存知でしょうか。
また、どのようなケアをしているかによっても効果に違いが出たりもします。
やすりで削ったりしている人の中にも、実は逆効果だったりという場合もあるのです。
今回は、それらで悩む人向けに「かかとのがさがさの原因」に焦点を当てて、なぜこのような事が起きるのか、どうすればきちんとしたケアが出来るのかをまとめていきたいと思います。
まず注目してほしいのが、がさがさの原因についてです。
古い角質が溜まった状態での乾燥だと言われています。
角質が溜まる原因については外部刺激、乾燥、ターンオーバーによるものだと言われています。

スポンサーリンク

外部刺激は靴による摩擦により、肌が外部刺激を受けると防御機能として角質が硬くなるのです。
乾燥は季節や室内環境の影響や、裸足で過ごす事などの影響で引き起こされるとされています。
ターンオーバーの乱れは、ストレスや寝不足などによって引き起こされます。
では、これらをどのようにして対策すればよいのかについてですが、主に3つです。
1つ目は冷やさない事で、ターンオーバーの乱れによって乾燥が起きるので、靴下を履く事で防げます。
2つ目はマッサージを行って血流をよくする事です。
お風呂などに行うと効果的ですよ。
3つ目は油分を補い、乾燥を防ぐ事です。
お風呂しっかりと保湿をしましょう。
以上がかかとを乾燥から守る対策です。
さっそく今日から始められる事ばかりですので、悩んでる人はまず、試してみるのもよいかもしれません。

スポンサーリンク

かかとのがさがさの原因について関連ページ

かかとひび割れの原因と対策