かかと 子供 痛み 成長痛

かかと 子供 成長痛記事一覧

子供が「かかとが痛い」と訴えることはよくあることです。親も成長痛だったら放っておいても大丈夫と安易に考えてしまいますが、本当にこれでよいのでしょうか。成長痛は医学的にはっきりとした定義が無く、主に3歳から10歳の期間の幼児や子供に見られ、片足もしくは両足の膝やかかとやふくらはぎの痛みの症状のことをいいます。夕方から夜にかけて歩けない程の痛みを訴えているにもかかわらず、腫れなどが無く、原因も見当たら...

成長痛とは、子どもの膝やかかと、足首などにみられる症状で、日中は問題なく歩いているのに、夜になって痛みを訴えることが多いようです。痛みの出ている部位が腫れるなどの目に見える症状はなく、しばらくすると治り翌日には何事もなく遊んでいるという特徴を持ちます。成長の過程で多くみられるため成長痛と呼ばれますが、医学的に適当な名称ではなく子どもの心理的ストレスの影響もあるようです。しかし、かかとの痛みは一般的...

成長期にある子供に突然現れる足や膝、かかとなどの激しい痛みを成長痛といいます。成長痛の原因はあまりはっきりしていません。この痛みは夕方から夜に現れるため 昼間に遊んだ後の脱力感や疲労感が影響しているといわれています。そのため対処法としては効した痛みが現れた場合には足に負担のかかる運動を控えたり、痛いところを温めたりする方法がとられます。またストレスなどが原因になる場合もあるため、環境が変化したとき...

シーバー病は、踵骨骨端症の別名です。小学生位で、スポーツを良くする子供に見られるもので、踵の辺りが痛くなると言う疾患です。7歳前後の子供の踵には、骨端核が見られます。そこへ、スポーツなどにより繰り返しストレスがかかることが原因で、シーバー病のような疾患が発症すると言われています。軟骨成分の多い子供の骨は、アキレス腱などにより、強力な牽引力がかかることで、容易に骨がはがれてしまいます。また、踵に繰り...